教育制度

JPNサービサーは、「債権管理のプロフェッショナルとして、お客様からの厚い信頼を得られる企業を目指す」という経営理念の下、会社が持つあらゆる「力」を追求します。
その「力」の源は、日々働いていただいている従業員のみなさんです。
当社では、従業員の「力」を向上させるため、コンプライアンス面と実務面双方において基礎的な教育からレベルに応じた研修・資格制度を用意しています。

債権管理のプロフェッショナル レベルに応じた資格・研修制度 サービサー社員としての基礎教育

サービサー社員としての基礎教育

入社時には、当社のコンプライアンスや業務上必要な知識を研修します。
入社3ヶ月経過後には、全員に社内資格である「サービサーマスター初級」の研修と試験を行い、最低限の知識の習得と定着を図ります。
また、年間を通じフォロー研修やコンプライアンス研修も実施しています。

レベルに応じた資格・研修制度

当社では、役職や求めるレベルに応じて、社内・社外の資格制度を用意しています。
資格によっては、昇給昇格の条件になっているものもあり、ステップアップに向けたモチベーションになります。
また、マネジメント研修やハラスメント研修等を実施し、組織力向上を図っています。